Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

回答例

・%を使わない方法

指定はないので、しなかったけれど挑戦はしてフリーズしたので、シンプルに修正。

転職用シート。

[転職用]

やりたいこと:物流を使ったWebサービスを展開する。既存のサービスの改良。 具体的に、新品、アウトレット、中古などインターネットで買える商品を充実させる。

勤務地:石川県内 希望年収:300万以上 転職時期:いつでも 年齢層:30代後半 スキル/資格/語学:Webサイト作成・更新・運営業務経験あり Ruby技術者認定試験Silver, 2級ワープロ技士、PowerPointプレゼンテーション技能評価試験 初級・上級 3級電子機器組立て技能士, 技能士補, 第2種電気工事士など。

契約形態:受託開発、リモートなど GitHubhttps://github.com/takkii/ SES:拒否します

Neovimを使ったRuby開発環境一例。

ブログで環境構築を散々、書いてきましたが、

これで、Rubyプログラミングの生産性と品質は最高じゃないですか。

以上です。

docker-ce はいつ仮想化環境を超えたのか。

「Docker のいらないイメージを削除する」 Docker イメージがあるって

記事を書いた人も、コンテナを作った人もすごい。

今まで、VirtualboxVMware、Pallarel desktop、Hyper-Vなどを使って異なる環境で実機のパフォーマンスを落としながらisoファイルなどからOSを起動して使っていた記憶がある。「dockerを使えばいいよ」って誰かが言ったけれど、まだまだ知っているときでは実用には生かせないと判断していた。

これが現代で、WSLが発表されて、dockerが動くようになり、コンテナ内でGCやDisk managerのようなものを使えるようになっていて、時代は進化したものだ。容量制限があるマシンで理想的な環境ができた。

dockerでコンテナを作って登録しダウンロードできるところまで行きたい

誰もが使える、選べる環境を作ろう。

.dein not registertedの問題の解決

事の始まりは、neovimのバージョンが0.3.0がリリースされて更新、程なくしてpython 3.7.0がリリースされて更新。pyenvでsystemを、pythonの切り替えができるようにと環境構築。そして、deopleteを設置しようとすると破損。

  Failed to python3 host

  deoplete already regestered

  warning: ".dein" is not registered.

こういう赤字の文章に悩まされます。最初は、neovimのバージョンの更新のように考えていました。けれど、pythonの衝突だとわかってからの対処は早かった。コマンドでpythonの環境を調べるものもありますが、試しましたが、あまり効果はありません。なんせ、自分で対処しなければ、治りませんよね。今では、普通にGUIでneovim、deopleteが動きます。メンテナンス時は、runtimepath+= を使って、deinを使わないという技で行きました。rm -rf でdotfilesのrollbackを消したり、repoフォルダの中身を消したりして、:UpdateRemotePluginsや:messageまたは、:CheckHealthで作業して様子をみました。それでも、消してはいけないファイルはなさそうでした。:call dein#update()をすればほとんど元通りになっていたのでね。おそらく、依存ファイルも消して入れ直せば元通りになります。この内容は、GitHubでissuesが上がっているところでも使える記事だと自負しています。これ、今日解決したのでいいけれど、それまではGUIで動作しなかったので作業効率が大変でした。neovimのGUIでBignyancoが動作すると安心しますね。

おかえり、相棒。 それでは、おやすみ。 よい夢を。

(つ∀-)オヤスミー

RubyでJITコンパイラを試すためには

[前提]

WindowsはWSLやCygwinなどで、

ほかは準・純UNIX環境で、自分ビルドしているはず。

※ たぶん、指定すればを2回連続というのは誤植だと思う。

けれど決めつけたくないので、肯定している。

引用文

今回のリリースはこのJITコンパイル機能を皆さんの環境で動作を確認して頂くとともに、セキュリティ上の問題が無いかを早期に確認するために行っています。

インストールができれば、どんどん使っていきましょう。

もし使用中に問題があれば報告していこう、下記にはガイドラインがある。

bugs.ruby-lang.org

GitHubから一部レポジトリを移動しました。

嫌な予感しかしないので、一応対策だけ。これからどうなるかを見据える行動にでました。

Copyright © 2007-2018 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.