Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

たまには環境構築を離れて。

いつも環境構築の参考にしていただいてありがとうございます。

最近は、新規検索エンジンを作ろうとしています。土台はできました。

副業で、販売員をしているのですが過去に経験があるだけで、

現在の自分はどうやら面白いと想わないようです。

足にたこができるくらい努力しているのですが、まだまだですね。

これから熱くなりますが、健康に過ごしくださいませ。

dein記事の無効について

github.com

今後、deinの設定ファイルはこういう風に書くそうです。

Neovimはinit.vim, Vimは.vimrcにて。

$INSTALL_DIR,$PLUGIN_DIR,はdeinをインストールしたときに、端末内に表示されています。

"dein Scripts-----------------------------
if &compatible
  set nocompatible               " Be iMproved
endif"

" Required:
set runtimepath+=$INSTALL_DIR

" Required:"
if dein#load_state('$PLUGIN_DIR')
  call dein#begin('$PLUGIN_DIR')

" Let dein manage dein
" Required:
call dein#add('$INSTALL_DIR')

" Add or remove your plugins here:
call dein#add('Shougo/neosnippet.vim')
call dein#add('Shougo/neosnippet-snippets')

" You can specify revision/branch/tag."
call dein#add('Shougo/vimshell', { 'rev': '3787e5' })

" Required:
call dein#end()
call dein#save_state()
endif"

" Required:
filetype plugin indent on
syntax enable

" If you want to install not installed plugins on startup.
if dein#check_install()
  call dein#install()
endif

"End dein Scripts-------------------------

休日にNeovimのpython3.6にアップブレードしている最中でした。まぁ、結果的にNeovimは大破してしまったんですけれども。deinをupdateしていたら、気づきました書き方が変わっていることに。もう、私の記事の有用性は無効ということで急遽コメントをとりあえず書きました。

vim-plugというプラギンがあるそうです。こっちのほうがメンテ少なくなりそうなので検討していきたいですね。

無効になる記事について

http://takkii.hatenablog.com/entry/2017/05/10/143520

http://takkii.hatenablog.com/entry/2016/09/06/095820

neovim-qtはwindows版GVimのようだ.

昨日、眠る前にneovim-qtの環境構築をしていたらneovimと同じ設定ができた。

wsl-terminalに期待したがどうやらneovim-qtでもその設定を生かすことはできるようだ。

takkii.hatenablog.com

install.sh の保存先は、~/.config/nvimでいいと想う。

init.vimは ~/AppData/Local/nvimで読み込む。どうやらデフォルトはこの値。

窓アイコン右クリック→コントロールパネル→フォルダーオプション→隠しファイルを表示するに☑

※知っているよな

neovim-qtのダウンロード先

Installing Neovim · neovim/neovim Wiki · GitHub

" init.vimに追加
let g:python3_host_prog='Python3のインストール先/python.exe'
let g:python_host_prog='python2のインストール先/python.exe'

環境変数にPATHとしてPython2,Python3共に 例 Python Python/DLLS Python/Scriptsの設置場所を登録する。

pip2 install neovim

pip3 install neovim

インストールだんの後、

:CheckHealth

でpython3とpython2が認識されているか確認。

init.vimが読まれていればプラギンを読み込んでいるので

:UpdateRemotePlugins

でdeniteとdeopleteが認識されているかみてみる。

※deopleteは、.rbなどのファイルを読んでいるときによく認識されるようだ。

mrkn256などのカラースキーマ(なんでもいい)がないよって、エラーはGitHubから直接ダウンロードして、任意nvim内/color、またはプラギンに設置してやるとよい。

参考になれば幸いである。

Windows、neovim-qt設定ファイル

github.com

まずは直面した証明書問題。

CentOS7を日経Linuxの付録で手にして、インストール後に発生した問題

yumがパッケージマネージャーなんだけど、証明書を指定してよってメッセージがながれSSLエラーが現れる

・ gitで.gitconfigに設定してよっていう証明書のPATHを求められる

・ go_toolで指定しているPATHに証明書がないよってメッセージに遭遇する

こういうの統一して証明書を置いている場所にリンク張るか、その都度設置するか。

結局は、内容通りにしただけなんだけど。こんなんありか。

少しずつ、記事にしていく。今日は直面した問題まで。

想わぬ展開に... (ブログ記事のアクセス数をみて)

始めたのは、RubyRailsの環境構築を記録するため。何度も同じ環境を作りたいときはブログに記録するのが手っ取り早かった。(そのときまだ、Qiitaはなかった。)書いて いくうちにJavaだったり、Goだったりの話があって、なるべく環境構築に絞っていたし、コードも簡単なもので済ませてたはず。なのになぜだ。Why?

途中でいつもVimを使っていて、寄付をしたあたりからVimの話題になり、NeoVim関連の話題が増えてきた。私はテキストエディタにそんな愛情はないぞ。もっとも、最近アクセスが多いのはdeinを使う話。プラギン開発者が初心者のためにシンプルにマージする機能に見直すというつぶやきからか、注目があったら今度はその流れなのか、もともとの言語やフレームワークの話を中心にしていた記事よりテキストエディタ、プラギンの話が需要があるみたいじゃないか。

始めたときには思いも寄らなかった想わぬ展開。

少しVimやNeoVimから遠ざかり、

本来の簡単なコーディングやフレームワークの環境構築の話に戻す。

書いて書庫にしているがまだまだ書ける話題は多い。

よくある証明書の話をいずれ書きたい。

CentOS7でキーボードに半角を認識させるには

クロの思考ノート

環境構築は引用先から。

CentOSを手にしてたぶん最初くらいにするIMEの設定。

Mozcをインストールすると最初のキーボード配列が不思議なことになっているはず。

_Aとメニューバー右上に表示されているところ→設定→独自のキーマップを使う→日本語

以上で半角 / 全角を認識してくれるWindowsGoogle日本語入力のようなキーボード配列に変わりましたとさ。

ダイソーとは

野々市のカボス跡地に、ダイソーができた。このカボスはどうやら新小松イオンにカボスが入ったので移転したと考えられる。ショッピングのついでに、ダイソーによるととても108円では買えない物と思えるものが並んでいる。このときは、精密ドライバーとインパクト用ドライバーを買った。それだけで満足だったのだが、欲をだせるものを見つけて、次にいくのが楽しみである。それは、はんだごてセットだ。2000円ほどまとめ買いするとかかることはわかっている。108円ではないものだから。しかし、職人用のはんだごてを買うよりまずは試しに買える場所を見つけたのがうれしかった。まぁ、職人用とはいえパソコン工房で買うだけなので野々市なら店の距離は目と鼻の先なんだが…

ドライバーを手に入れて事でPCにパーツを交換しやすくなった。

はんだごてを手にできるので、mrubyボードやラズベリーパイの活用がより身近になった。

これは期待度MAXである。

温度センサーや、組込に使えるラジオ受信機を探すこともしていきたい。

道のりが遠かった電子工作。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.