Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

未解決のレイアウトが崩れる現象は。

herokuにアクセスして、独自ドメインを設定するとレイアウトが崩れる。

対処は、通常の○○.herokuapp.comドメインに戻すだけ。

これは何の問題?

短文で記録しますが治るんですか?疑問でした。

次の日に再度、独自ドメイン設定を試すと治ってました。

なんだったんだろう。

新規チケットを発行するときにInternal server errorを発生させていたら...

redmineのバージョンを上げたり、ファイルを更新したり、していると新規チケットを発行するときにInternal Server Errorを起こして、管理者に相談すべきだという英語がでることがある。だいたいの場合は自分で治すんだろうな。そういうときに、これで復旧させる。英文は必要としないので、書かない。やっていることはマイグレーションをして、キャッシュをクリアにして、再起動させているだけだ。シンプルだね。

heroku run rake db:migrate

heroku run rake redmine:plugins:migrate

heroku run rake tmp:cache:clear

heroku run rake tmp:sessions:clear

heroku restart

実行することにより、リセットせずに新規チケットが発行できるようになる。

雑談

deopleteにrcodetools対応がされるかもしれない話。

暗黒美夢王さん、貴重な時間をありがとうございます。

Sinatraのテストコード考察

Testing Sinatra with Rack::Test

ENV['RACK_ENV'] = 'test'

require 'hello_world'  # <-- your sinatra app
require 'rspec'
require 'rack/test'

describe 'The HelloWorld App' do
  include Rack::Test::Methods

  def app
    Sinatra::Application
  end

  it "says hello" do
    get '/'
    expect(last_response).to be_ok
    expect(last_response.body).to eq('Hello World')
  end
end
require 'rspec'
require 'rack/test'

RSpec.configure do |conf|
  conf.include Rack::Test::Methods
end

このサンプルコードを模写して、動作させるために修正していく。

rspecを導入するのはrubyコードと変わらない。

具体的に記事にするのは今度の記事に持ち越すことにする。

Sinatraにも公式のテストコードが存在することを今回は知る記事でした。

読みたい物を読むという欲求

今回は、環境構築とは違った話を。

今年は無駄の洗い出しとして、新聞の定期購読を解除した。その都度読みたい記事だけを買いに行くという手法に変えた。新聞を毎日読んでいるかというとそうでもない。時間があるときだけ目を通しているので、隅から隅まで読んだのはいつ頃までだっただろうか。そんな記憶。

読みたい物を読むという欲求に変わる。無駄に資源を消費しないそういうエコ活動をしていく。

それで落ち着いた。

新年の挨拶。

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ、よろしくお願いします。

2017年の抱負は、

・2016年に実現できてない、検索エンジン実装

・ジンベイクローンをGo言語で作成

IronRubyのメソッド定義

・組込分野でmrubyの利用

とりあえず抱負ですが、実現するために時間を有効に使えるかが問題です。

末永く記事と付き合っていただけると幸いです。いつもありがとうございます。

今年の挨拶と振り返り。

いつもブログを読んでくれている人がいるとしたら、とてもうれしいことです。誰宛とも無く書いていたからです。自宅の大掃除を奥さんとして、そろそろ挨拶をしようかと書き始めました。忙しく年明けまで仕事が立て続けに入っているので、暇があるうちにメッセージを残していきます。

たくさんの人に支えられてここまでやってきました。どうも、ありがとうございます。

正社員としての転職活動はだめでした。

フリーの仕事は、まだまだ軌道に乗るような状態ではないですが、希望を持っています。

現在のサービス業は、周囲に信頼され始めました。

今年は「進」という漢字を私の36歳(年男だった)として締めくくろうと考えています。

前に進むこと、器の成長、技術の進歩、貴重な経験をした1年でした。さらに、

たくさんの仕事を決めることができました。そして継続して今でも仕事をしています。

来年は、フリーも力を入れていこうと考えています。

短文ですが、少し気が早いですが、よいお年をお迎えください。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.