Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

働くということ。

家があり、働いていて家族がいるそんな人は、車を買ってもらっても許されるそうだ。

家族で車を向かえ、さまざまなところに出向いていろんな思い出を作りこれからというときにそれ。
明るくなんてなれそうにない。悪いことが多く起きるようになり、私も心の余裕がない。
夫婦喧嘩は犬も食わぬそうだが、そんなときの言葉を信じてどうなるんだ。
言われたくないことをたくさん言われ、言いたくないことを多く話した。
そんなんで、何があるんだ。ものが壊れ、心的にも身体的にも傷ついている。
お互いなんでもいえる関係になると遠慮がなくなる。ほどほどが一番いい。
きっといつか笑って話せるそんな日が来る。そして、暖かい家庭になれるそう思う。

こんな時代、生き抜くときに足の引っ張り合いをしていたらどんどん、周りから離れていく。離されていく。
こんなときこそ固まる結束が大切なのに…。わかりなんてあえないんだ。

疲れたのでゆっくり休みたい。
私が私の好きなことを静かにしていて何が悪いんだ。

追伸:妻方の母と30分くらい話した。明日、ゆっくり話す機会があるそうだ。
人が変わるとき、まず私も変わらなければ人は変わらないか・・・。

悪いことが続いたので髪を切ってきた。もっと早くに切ればよかった。
明日は、両親のところに里帰りしてこようと思う。

人の対応をみて思うことは悪い対応のところとかかわりたくないということ。
そんなところこちらから願い下げだ。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.