Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

夢からさめたとき。

幻想や理想から覚めたとき、私の置かれている立場がとても悲しいものであることに気づく。
でも、最後まで夢をもって明日を作る気持ちは捨てない。だから、人に関わっていきたい。

くだらないことを平気でいっていた私が恥ずかしい。

今日は娘が帰ってくる。一人でみることになるがそれでもかまわない。
写真を撮って形に残すことも今後のためにしていきたい。でも、ひとりなのは、
もともとは、ITが普及したときにその魅力に引き込まれた私が悪いんだから。

それから、これからも歩んでも前がみえなくなるようなことは避けたい。

明日はバイトの結果待ちだ。電話なんかあるはずない。わかっているさ。
あれば、研修をうけてやるだけ。

本屋さんのアルバイトも視野にいれていこう。電話して決まったら、履歴書と写真かかないとな。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.