Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

追記。

http://d.hatena.ne.jp/emerald00/20101004

MySQLコマンドラインから実行する場合そのリンクのやり方ではできない。

じゃあどうするか。

http://pub.cozmixng.org/~the-rwiki/rw-cgi.rb?cmd=view;name=Ruby+Install+Guide::MacOS+X

Rubyのインストールガイド。

その中で、ソースからコンパイルってところがある。

~/.bash_profileって部分がある。

これがシェルの設定ファイルだ。

そこに、MySQLのbinファイルがあるパスを入れる。

ターミナルを開いて、


emacs ~/.bash_profile


と入力後、パスを文章の一番したにいれて、

ctrl+x,ctrl+sとコマンドを打てば保存される。

Windowsで環境変数をいじくるのができればわかるはずで、Ubuntuでは.profileファイルにPATHを並べるようなもの。

もしそれがかなわない場合、不安だった場合


echo 'export PATH=/usr/local/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile


を参考にして、


echo 'export PATH=/パス名/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
例 echo 'export PATH=/usr/local/mysql/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile


とパス名にMySQLの存在しているbinまでのパスをいれてOK。

これが成功すると、mysqlとmacのターミナルで打てばコマンドラインでスクリプトがかける。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.