Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

tcl/tk。

ずっと前に失敗してGUIツールが動かなかった件。
どれくらいってリナックスアカデミーで研修をうけてきてからずっと。
試行錯誤していて、すっごい時間かかっての報告。
うまくいったから記録してみた。

まず、
http://lldev.jp/ruby/tips/ruby_tk_install.html
を参考にしてActive Tclをインストしてみた。

でも、
http://ronor.web.fc2.com/rubytk/
このサイト通りに、コマンドプロンプトで(PathはどこでもOK)


wish

button .btn -text "hello" -command "exit"

pack .btn

と打てばTcl標準のGUIツールが動くはず。

(バージョンは、
ActiveTcl 8.4.19.4
を使用した。インストーラ通りにPATHをつないで。
ほかに、
ActiveTcl 8.5.9.0はインストした時点で、
wishさえ動かなかったためアンインストした。
ActiveTcl 8.6.0.0b4
は試してないけど、
ActiveTcl 8.6.0.0b3
は試したことがありインストーラを残しているけど、
wishは動いてもrequire'tk'でエラーがでて断念した思い出がある。)

以上によりwishコマンドは実行できても、
Rubyでtkを呼び出そうとするとYARVでエラーがでて、
require'tk'のところで失敗する。

だから、
http://www.ruby-lang.org/ja/man/html/RubyTkFAQ_A5A4A5F3A5B9A5C8A1BCA5EB.html
を参考に環境変数に、dllを設定してみた。


「例」システム→システムの詳細設定→環境変数
追加ボタンを押す。
RUBY_TCL_DLL
「例」c:\Program Files\Tcl\bin\tcl84.dll
追加ボタンを押す。
RUBY_TK_DLL
「例」c:\Program Files\Tcl\bin\tk84.dll


まだそれでは動かなかったので最後に、
gemをNetBeansで調べてみてtk-winをインストしてみた。
普通にコマンドラインからなら、


gem install tk-win


でしょ。

以上により、Netbeans6.9.1、Ruby1.9.2p0でTcl/TkのGUIパーツが作成できた。

ということは…とコマンドライン


ruby tk.rb

http://lldev.jp/ruby/tips/ruby_tk_install.html
(require'tk'が記述されたファイル。
上記サイトで試すようのサンプルコードで作成し、
作成したファイルへcd PATH先 で移動する。)

と入力後、(私はrequire'tk'を記述した研修で使ったコードをtk.rbファイルにして実行したんだけど…。)パーツが表示されたため記録。

どれがいいってたぶんtk-winだけでもよかったんじゃないかって…。

追記:Ruby-installer
http://rubyinstaller.org/
で最新のRuby1.9.2p0を手に入れ設置しました。
まずそこのインストから始めます。

環境はWindows 7です。


考察
p0から最新バージョンがリリースされて現在のバージョンを変えるとき、
また、gemから設定し直し?

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.