読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

scalaをインストールしてみた。

Macportからインストールできました。
http://chiki2-cq.seesaa.net/article/149984237.html
を参考にしながら。


which scala


ってコマンドを打ってもないよってエラーがでていたので、


which scala-2.8


のように確認して、あとは上記サイトどおりに設定していく。
無事に、2.8.1 finalを設定できました。

これだけでは使いようがないので、
MacVimにscalaの設定を…。
http://chiki2-cq.seesaa.net/article/150019380.html
サイト通りにして設定していく。


sudo sbaz2.8 install scala-tool-support


と私は指定したし、


/opt/local/share/scala-2.8/misc/scala-tool-support/vim
のフォルダへ移動して、
/ftdetect
/indent
/plugin
/syntax


をMacVimのVimフォルダ内のautoloadなどがある場所へコピーして、設定を終了しました。


scala
scala単体を起動できるし、
scalac HelloWorld.scala
scala HelloWorld
HelloWorld.scalaが実行できました。
Javaそっくりなコンパイル方法ですねー。


動作確認もできました。

上記サイトのほぼ案内通りでうまくいきました。
scalaは、Javaベースか…。

後日談。
Windowsでscalaの使い方が誤っていますとエラーが。
http://www.kazu.tv/blog/archives/000966.html
より64bitにすべて対応させたら正常になりました。
64bit Windowsでは32bitに厳しい。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.