読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

UbuntuでRubyを使う際にちょっとあせったときのメモ。

rubygemsを、
gem update --system
などのコマンドで、updateして、


gem -v


ってすると


NOTE: Gem::Specification#default_executable=
is deprecated with no replacement.


んな感じでエラーがくっついて回った。
どうにか治せないかって(この場合エラーのみ消せないかって)、


たとえばRuby1.9.2-p180のrubygemsを治したいとき、

端末から、
cd /home/ユーザ名/.rvm/rubies/
ruby-1.9.2-p180/lib/ruby/site_ruby/
1.9.1/rubygems/

でフォルダへ移動して、

gedit deprecate.rb
でgeditでファイルを開くと、

26行目付近、
def self.skip # :nodoc:
# @skip ||= false
@skip = true
 #↑↑このうえの部分をtrueにすると参考サイトで書かれていた。
end

と変更して保存すればエラーは吐かなくなる。
事実そうして私のUbuntuでrvmの環境はエラーを言わなくなった。

だいぶまえにNautilusをカスタマイズしておいたので、
GUI上でもフォルダを探すことができて、各バージョンを手動で変更できました。

参考サイト
「独学LinuxNautilusをカスタマイズするための参考サイト
http://blog.livedoor.jp/vine_user/archives/51604110.html

「YomuKaku Memo」 今回のエラーで助けていただいたサイト。
http://memo.yomukaku.net/entries/266

追記:どうしてrubygemsの1.8からこんな変なエラーがついて回るんだろう。回避するより発生しないようにはならなかったんだろうかって作業してました。
追記:やはりWindowsのRuby Installerで入れたRuby1.9.2-p180でもrubygemsのエラーはいいました。フォルダは、エラーに出力されているパスとこのブログのパスを比べると、deprecate.rbが見つかり治せました。
追記:Jrubyのjgemでもrubygemsのエラーはくっついてまわりました。
やたらと長いのでこの記事を参考にすっきりさせました。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.