Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

Emacsの機能の追加の補足。

私的に現在はあんまりRoRを書かないので、
Rails.elの本格的な単語補完より、
(実際はflymakeでエラーがでて治せないので…)
Rubyなどのオートコンプリートする機能単体があればいいなー、
って探すとあるじゃないですか。

引用先:「Auto Complete Mode」
http://cx4a.org/software/auto-complete/#Downloads
から.el圧縮ファイルを手に入れて、展開。
いつものsitelispフォルダへ入れて、


(require 'auto-complete)
(global-auto-complete-mode t)


.emacsへ追加で使用開始。

次はRubyの元ファイルを
http://www.ruby-lang.org/ja/news/2011/02/18/fileutils-is-vulnerable-to-symlink-race-attacks/
からダウンロードして、
miscフォルダ内の.elファイルをsite lispへ追加。

文章内


(autoload 'ruby-mode "ruby-mode"
"Mode for editing ruby source files" t)

(setq auto-mode-alist (cons '("\\.rb$" . ruby-mode)
auto-mode-alist))

(setq interpreter-mode-alist (append ' .ruby-mode">*1 interpreter-mode-alist))

(autoload 'run-ruby "inf-ruby"
"Run an inferior Ruby process")
(autoload 'inf-ruby-keys "inf-ruby"
"Set local key defs for inf-ruby in ruby-mode")
(add-hook 'ruby-mode-hook '(lambda () (inf-ruby-keys)))
;; ruby-electric.el --- electric editing commands for ruby files
(require 'ruby-electric)
(add-hook 'ruby-mode-hook '(lambda () (ruby-electric-mode t)))
(setq ruby-indent-level 2)
(setq ruby-indent-tabs-mode nil)


をサイト通りに追加して、
M-x run-rubyruby-modeなど使用開始。
macでMはcommandを押す。

これで、オートコンプリートとruby-modeの多機能が使える。
そして、Rubyscalalispに強いEmacsができました。

引用先:
「かわちょぶろぐ」
http://butamamire.jp/blog/2008/01/10_ruby-mode.html

「テキスト入力中に補完候補を自動的に表示してくれる auto-complete.el をリリースしました」
http://dev.ariel-networks.com/Members/matsuyama/auto-complete/

*1:"ruby" .ruby-mode

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.