Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

 ここのところ数日格闘してました。

きっかけは、「MySQL徹底入門」を購入してバージョンを5.1から5.5にアップグレードしたくてWindowsでいろいろ試したんです。手動で起動するときはこんなエラーがありました。


MySQL サービスを開始します.
MySQL サービスを開始できませんでした。

システム エラーが発生しました。

システム エラー 1067 が発生しました。

プロセスを途中で強制終了しました。

「yzn’s memo」
http://d.hatena.ne.jp/yzn/20060922/p1
上記サイトの通りに起動させようとしましたがだめでした。

msiでインストールしようとすると、
設定ファイルの書き出し時に、
start serviceかApply security settingsのどちらかでエラー。

binをつないで、起動しようとすると
Can't connect to local MySQL...
などのエラーに見舞われていろいろ試しましたが不可能でした。

結局、mysqlを完全削除の対象にしました。
「とおやまの備忘録」
http://ytooyama.wordpress.com/2008/11/08/memo-mysql%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%ABvista%E7%B7%A8/

そこでユーザのシェアが大きいpostgreSQLに移行しました。
ウェブの資料をもとにインストール&構築。
PATHにつなぐと文字化けに見舞われることがわかったので、
adminツールからしています。
どうやらコマンドプロンプトの標準がShift_JISだからです。

参考サイト
「日本PostgreSQLユーザ会」
http://www.postgresql.jp/
「Output_Log」
http://outputlog.blogspot.com/2010/05/windows7postgres.html

そしてRails3.1.0でちゃんと動作するかなーって、


gem install pg

adminツールではGUI操作でロールユーザとパスワードを発行し、
ユーザ名_development(データベース)を作成。
あとは、database.ymlにユーザ名と、パスワードを記入。
パスワードには''をつけてくくる。

そこまでして、


rails s


とするとRails3.1.0が起動している。
MySQLより楽ですね。
いろいろな面で。mysql2が入らなくてこまったりすることはないです。
ちなみに、postgreSQL9.1でWindows7にて動作を確認しています。

追記:pgadminIIIで動いているんですが、もしそれも文字化けしていたとしたら、「ベイシス」http://basis.atgj.net/Entry/3/ のブログにあるドライバの最新版を入れるといいのかも。格闘しているときに、試したので案外問題がでなかった。http://www.postgresql.org/ftp/odbc/versions/msi/
c:¥Windows¥System32かc:¥Windows¥SysWoW64にpostgreSQLのドライバの設定ができるOdbcad32.exeがあるのでみて追加してやるといいかも。
「ロケッこがゆく」http://blog.syo-ko.com/?eid=223

以上でpostgreSQL環境構築終了。
webでドキュメントが多く助かりました。ありがとう。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.