Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

Java EE 6 SDKを実行できる環境へ。

メモです。

「Beginning Java EE 6」という書籍を手に入れました。これから、学んでいこうと考えています。今時、GlassFishはIDEから起動できるのですが、コマンドラインから起動できるようにするのが今回の記事です。
環境は、Windows7です。

http://www.oracle.com/technetwork/
java/javaee/downloads/index.html
このサイトから、「Java EE 6 SDK update 4 with JDK7update3」をダウンロードします。

インストールは手順通りです。

PATHにはglassfish3フォルダのglassfishフォルダbinフォルダ
C:\glassfish3\glassfish\binをつなぐとよさそうです。
見当違いがあったのですが、既存のJDKからglassfishJDKにPATHを通し返さなくてもよかったみたいでした。そのまま何もしなくていい。

エラーでは、


「パスが見当たりません」
と出たらJDKが一緒に入ったglassfishを、
再インストールしたほうがよさそう。

「already port use …」
みたいな文字が表示されたらPCを再起動する。

コマンドラインでは、


asadmin start-domain
でスタート、

asadmin stop-domain
でストップ

あとは、localhost:4848に表示されるIDとパスを登録したものでログインすれば、スタートラインにたてそうです。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.