読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

最近、こんな失敗がありました。

しばらく更新してませんでした。最近、sudo周りでエラーに見舞われまして、なんとかしてました。ちょっと作業メモをしたいと思います。

sudoでdyldのメッセージがOSのdev版を入れると現れるようになりました。そこで、管理者権限(してはいけない)を変えてみたら、


permisson defind

と表示されるようになり、困り果てました。
参考サイトをみると、ほかに打つ手がないようなことがあり、
システムをフォーマットしようとしましたがうまくいかず(よかった)OSをダウングレードするようにしました。

もともと、タイムマシンでデータを保存していたので怖がることはなかったのですが、作業中大本のHDDが認識されずにループしてました。Macの取説をみるとリフレッシュするコマンドが書いてありまして、それを実行してみましたら認識されました。
そのコマンドは取説にのってます。割愛。

作業開始から4時間ほどでデータを失うことなく復元できました。
みなさんは、sudoの管理者権限を変更しませんように。
するときは、sudoのシェルファイルをコピーを別フォルダへ保存してから作業をするといいです…、むしろ確実にメッセージを消せるサンプルをみてからのほうがよりよいと思います。

困ったときこそ、冷静にいることが教訓でした。
それでは、また。

余談:結局dyldのメッセージは、復旧しても消えてません。
しかし、sudoが使えればsuの設定もできるので苦労してません。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.