Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

環境構築メモ。


ついったーでたまに、MongoDBのことを話しているのをみかけます。

データベースなので、構造的に共通の部分もあるかと思っています。

しかしなんだか気になったのでWindowsへの環境構築でも…と。


Rubyと連携はそのうち)

時間がかかりましたが、なんとかできました。

MongoDBダウンロードサイトから

http://www.mongodb.org/downloads

Winodowsにあったフォルダをダウンロードします。

そして、解凍をしてフォルダCドライブ直下へ移動します。

C:/mongodbとなるようにフォルダ名をmongodbに変更後、

mongodb/

    /bin

    /data

    /db

    /logs

とフォルダをbinと同じ場所にdata、db、logsフォルダを作成します。

あとは、参考サイト通りです。

cd c:/mongodb/bin

mongod --install --logpath C:\mongodb\logs\log.txt --dbpath C:\mongodb\db

net start "MongoDB"

mongo

でmongodb/binフォルダ内で実行すれば、入力待ちになっていると思います。

あとは、環境変数のPATHをつないで環境ができました。


途中経路、さまざまなエラーに見舞われましたがいったんフォルダを削除して、

新規にCドライブなどに追加しなおしこの手順で作成すればOKです。

さぁ、MongoDBでRailsアプリケーションを開発だ。


参考サイト http://blogs.gine.jp/taka/archives/2279

参考書籍にいかが

MongoDBのはじめての運用テキスト

MongoDBのはじめての運用テキスト


Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.