Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

Vimでhomebrewから入れたRubyを走らせるには。


BLEACHがジャンプの40号まで休刊していることを知らなかった。

ホカ弁でジャンプをみてBLEACHがなくて終わったのかな?

と調べるに至り気づきました。最終章なので、構想中なのかな。


使用する環境:

homebrew

 ∟Ruby

MacVim (.vimフォルダを使用してます)

 ∟NeoBundle

 ∟vim-quickrun


VimでデフォルトのRubyを読みにいっているQuickRunがあるとして、

NeoBundle 'thinca/vim-quickrun'

install / yes

でVimを起動して、

:QuickRun

でうまくlazyなどのメソッドがある2.0.0を読ませるとき、

homebrewから入れたRubyでこのサイトで過去の設定をしていたなら、

"QuickRun
let g:quickrun_config = {'ruby': {'command': '/usr/local/opt/ruby/bin/ruby'}}

を追加するとよさそう。

q:quickrun_configに複数定義するにはどうしたらいいのかな。


参考サイト

https://github.com/thinca/vim-quickrun

http://subcultureblog.fc2rs.com/img/jump40/2.jpg


Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.