読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

rbenvの追加機能のまとめ

それぞれのバージョン管理にrbenvを使っています。

「そのrbenvについて」

Github:jf/rbenv-gemset

$ brew install rbenv-gemset

$ rbenv-gemset create 2.1.1 takayuki

$ rbenv gemset list

で内容を確認できます。

$ rbenv gemset -v

でバージョンと使い方を見ることができるので、 みてみると

active

create [version] [gemset]

delete [version] [gemset]

file

list

version

などのコマンドがあることがわかります。

これをもとにgemsetを作成していけばよろしいかと。

いらないgemsetをdeleteすると、新しく作ったgemsetに切り替わるようです。これは便利ですね。

Github:sstephenson/rbenv-default-gems

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv-default-gems.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-default-gems

$ cd .rbenv

$ vim default-gems

開いたファイルにインストールしたいgemsの名称を、

並べていきます。

zinbei

zinbeijett

これで新しく、

$ rbenv install 2.1.1

などとするとデフォルトにしていしたgem(例:zinbei,zinbeijett)をインストールしてくれます。ただ、mrubyなどのrubygemsが違うときは内容を空にする必要があります。コメントアウトできるのかは試してません。

rbenvでRubyを管理するとき、入っているとうれしい機能をまとめてみました。rvmに疲れを感じたとき、rbenvで管理するとシンプルで使いやすいと想いませんか。私はrbenv推しです。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.