Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

Emacsでrbenvを使うとき

早いものであと2日で2月も終わる。

3月は31日まであるのだから、2月は暦の調整月ともいえる。

このままでは時は流れていくばかり、

変化をつけたいと想うがなかなかうまくいかない。

気持ちを切り替えて、記事を書こう。

[記事]

起動画面で2.1.0と表示されているのに、

Emacsでrbenvを使っていると、

M-x xmp

とすると、

2.1.0 not installed

みたいなメッセージをみかける。

こんなのは、

.ruby-version内のrubyバージョンを、

2.1.1

とかに変えてやればいいだけ。

最近、

2.1.0→2.1.1

に更新しませんでしたか…。

わかっていると単純だけどわからないとはまる。

Emacsのrbenvはglobalを読むから、

rbenv global 2.1.1

でバージョンを指定しておくと幸せになれます。

[記事終わり]

その他には、

今日はAppStoreで、

iTuneの更新

がありました。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.