Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

過去ログの更新

gem install mysql2 -- '--with-mysql-lib=\"C:\Program Files (x86)\MySQL\MySQL Server 5.5\lib\" --with-mysql-include=\"C:\Program Files (x86)\MySQL\MySQL Server 5.5\include\"'

これでmysql2はインストールできるようになる。

そして過去ログのように、Railsのインストールをした後、

bundle install

rake db:create

とすると、

rake aborted! Incorrect MySQL client library version! This gem was compiled for 5.5.37 but the client library is 6.0.0

のような前回の記事とは逆のエラー文に遭遇しました。

これは、MySQLのインストールフォルダ内にある

C:\Program Files (x86)\MySQL\MySQL Server 5.5\lib

libmysql.dllをPATHを通したRuby/binフォルダへコピーすることで回避できます。

おそらく前回の記事などで、Connector CをRuby/binフォルダへコピーしていると、

起きる現象だと想われます。

あわてることなく、行動しましょうね。

環境

Windows8.1

MySQL5.5.37(32bit)

rails 3.2.17

参考サイト

データベースの作成

大晦日ですね。Railsの環境を掃除しましょう

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.