Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

VimでTwitterを使うには

qiita.com

mattnさんのつぶやきをみていて、TwitVimというクライアントがあることを知りました。調べてみるとQiitaの記事が1年前なので、最新の環境構築ブログでも書きますか。

.vimrc

NeoBundle 'TwitVim'

GVimまたはVimを開いて

:NeoBundleInstall

と実行する。

NeoBundleInstallを実行してから以下を追加する

let twitvim_browser_cmd = 'C:¥Program Files (x86)¥Your_Browser_GoogleChrome_Path¥Chrome.exe' " 今回はWindowsでGoogleChromeを使った例にします。chrome.exeの場所まで書きます。今時のChromeはおそらくx86にあるのではないかと。 
let twitvim_count = 40

最後にこのコマンドを実行します。

:SetLoginTwitter

認証するように促されるのでログインして認証します。

PINコードがブラウザで表示されたら、

VimでそのPINコードを入力して実行します。

これで実行できるようになりました。

このコマンドでつぶやきます。

:PosttoTwitter

こちらは、自分のタイムラインを表示します。

:FriendsTwitter

タイムラインをリフレッシュ

:RefreshTwitter

こんな風にVimTwitterクライアントにできます。

これをmattnさんが使っているんだな...きっと。

[追記]

このTwitVim、curlを使っています。もし、curlが入っていなければWindowsで入れるGitの/usr/フォルダ内にあるか、CygwinのbinにPATHを通せば動きます。しばらくそれではまって動作しませんでした。現象の確認をしていたら気づいたことでした。大丈夫、PATHさえつなげばWindowsでも動きますよ。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.