読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

環境構築の果て

Ruby on RailsでよくrmagickなるRubyGemsがあり、依存していることがあります。これを、Windowsでインストールしようとするとできないことが...。成功例は数々ありますが、失敗談なんてあまりみません。msys2でimagemagickをインストールできても、rmagickをインストールするときにライブラリが見つからないよって言われますが、指定してもやはりライブラリが...って出るようになり、これは先に進めないな...と。UNIXに優しいRailsコードは書いてほしくないですね。できれば、Windowsのことも考えて、環境構築をするべきです。mini_magicなるgemもありますし。

bootstrapっていうRubyGemsがあります。Twitter関連の背景デザインがきれいになるRailsアプリです。しかし、これもtherubyracerというgemがWindowsに非対応で、独自にGithubからダウンロードしてunpackで開き、Gemfileに指定する必要があります。あまり思わしくないのは、less-railsを動作こそしようとも、デザインの変更がきかないところです。Web-app-themeに置き換えるべきです。レイアウトの項目のために動作するのはいいですが、デザインは他で使う方がいいでしょう。

動作しないgemがWindowsでは多々あります。置き換えるRubyGemsを探す旅に出るのも一興です。できないことがあれば、できないのを受け入れるのも大事だと知りました。

[余談]

Time.now

DateTime.now

2038年問題 - Wikipedia

TimeメソッドとDateTimeメソッドには2038年問題がつきまとうらしい。

とりあえず、RSSアンテナの方をDateTimeメソッドに書き換えておいたけど、必要があれば修正するつもりである。

今時、そんな問題が解決されていないなんてないな...

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.