読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

RubyKaigi2016(初日 9/8 )に一般参加してきました

f:id:emerald00:20160909140111g:plain

f:id:emerald00:20160909140112g:plain

北陸からRubyistで付箋を貼っている人がいないのがなんだか残念だったので、ペタりとTwitterアカウントを書いて残してきました。

お土産のTシャツを妻に渡したら、こんな風に使ってもらえることになりました。

サンダーバード大阪行きを京都で降りて、京都から地下鉄烏丸線で国際会議場駅で降りてあとは本館まで歩く→帰りは逆順路を辿る...ことで今回のRubyKaigiは日帰りできた。

Schedule - RubyKaigi 2016

Room Dで講演していた13:30~

Welcome to haconiwa - the (m)Ruby on Container
Uchio KONDO @udzura

Main Roomで講演していた14:20~

A proposal of new concurrency model for Ruby 3
Koichi Sasada @ko1

2講演を視聴して、午後休憩でそそくさと帰路につき、お土産を購入して帰りました。

自由配布していた、ステッカーは、Surfaceに思い出として貼りました。

英語のスピーチが多く、国際化しているRuby会議の印象があったので、ニュアンスのとらえどころで笑えたり...

ユーモアのある話しぶりが記憶に残っています。日本語と英語を混ぜていたり...

前よりもっとRubyを好むようになりRuby3が登場する日を心待ちにしています。

購入した書籍

dRubyによる分散・Webプログラミング

dRubyによる分散・Webプログラミング

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.