読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

WSLでUbuntuからNeoVimをインストールする手順を踏んでいた

WSL-terminal Ubuntu

github.com

neovimのwikiにある文章をそのままコピーしているが、

この通りにすれば、WSL-terminalにNeoVimがインストールできている。

Ubuntu

sudo apt-get install software-properties-common

sudo apt-get install python-software-properties

sudo add-apt-repository ppa:neovim-ppa/unstable
sudo apt-get update
sudo apt-get install neovim

sudo apt-get install python-dev python-pip python3-dev python3-pip

sudo apt-get install python-dev python-pip python3-dev
sudo apt-get install python3-setuptools
sudo easy_install3 pip

さぁ、このあとはNeoVimでdeopleteなどを動作確認するための手順を追う。

感動しませんか、

WSL-terminal上でサブシステムのUbuntuでNeoVimが動作しているとは。

あえて、Windowsを吹っ飛ばしてNeoVimのために、

Ubuntuを入れる必要などないということ。

WSL-terminalで開発したくありませんか。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.