読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sinatraのあらかると

記録することで、環境構築で悩まない。

Sinatraのテストコード考察

Sinatra rspec test

Testing Sinatra with Rack::Test

ENV['RACK_ENV'] = 'test'

require 'hello_world'  # <-- your sinatra app
require 'rspec'
require 'rack/test'

describe 'The HelloWorld App' do
  include Rack::Test::Methods

  def app
    Sinatra::Application
  end

  it "says hello" do
    get '/'
    expect(last_response).to be_ok
    expect(last_response.body).to eq('Hello World')
  end
end
require 'rspec'
require 'rack/test'

RSpec.configure do |conf|
  conf.include Rack::Test::Methods
end

このサンプルコードを模写して、動作させるために修正していく。

rspecを導入するのはrubyコードと変わらない。

具体的に記事にするのは今度の記事に持ち越すことにする。

Sinatraにも公式のテストコードが存在することを今回は知る記事でした。

Copyright © 2007-2017 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.