環境構築・改

環境構築の基礎をさらに改変していく事例

defxを使ってみる

環境

Neovim

Python3.7

Neovimのdein + toml設定は、

私のブログをみていれば環境構築できているはず。

なので、わからないとき検索してもらうことで割愛。

dein.toml

...
[[plugins]]
repo = 'Shougo/defx.nvim'
...

ショートコマンダーを使っていると

:Up

使ってないとき

:UpdateRemotePluigns

※ call dein#install()は起動時にしているものとする

使い方

Defx

・指定場所の一覧を表示してくれる
・これだけでは、Rubyで言う puts Dir.glob('*').sort のようなもの

フォルダの場所を指定

Defx Sample/Sample.rb

この場所を出力してくれる。でも、使ってもあまり意味ない。

これから、Nerdtreeのようになるか、Vimfilerのようになるか。

最新機能、コマンドなど調べ次第、更新していく。

defx.nvim/defx.txt

init.vimに追加 (2018/10/25:更新)

" defx Config: start -----------------

autocmd FileType defx call s:defx_my_settings()
    function! s:defx_my_settings() abort
     " Define mappings
      nnoremap <silent><buffer><expr> <CR>
     \ defx#do_action('open')
      nnoremap <silent><buffer><expr> c
     \ defx#do_action('copy')
      nnoremap <silent><buffer><expr> m
     \ defx#do_action('move')
      nnoremap <silent><buffer><expr> p
     \ defx#do_action('paste')
      nnoremap <silent><buffer><expr> l
     \ defx#do_action('open')
      nnoremap <silent><buffer><expr> E
     \ defx#do_action('open', 'vsplit')
      nnoremap <silent><buffer><expr> P
     \ defx#do_action('open', 'pedit')
      nnoremap <silent><buffer><expr> K
     \ defx#do_action('new_directory')
      nnoremap <silent><buffer><expr> N
     \ defx#do_action('new_file')
      nnoremap <silent><buffer><expr> d
     \ defx#do_action('remove')
      nnoremap <silent><buffer><expr> r
     \ defx#do_action('rename')
      nnoremap <silent><buffer><expr> x
     \ defx#do_action('execute_system')
      nnoremap <silent><buffer><expr> yy
     \ defx#do_action('yank_path')
      nnoremap <silent><buffer><expr> .
     \ defx#do_action('toggle_ignored_files')
      nnoremap <silent><buffer><expr> h
     \ defx#do_action('cd', ['..'])
      nnoremap <silent><buffer><expr> ~
     \ defx#do_action('cd')
      nnoremap <silent><buffer><expr> q
     \ defx#do_action('quit')
      nnoremap <silent><buffer><expr> <Space>
     \ defx#do_action('toggle_select') . 'j'
      nnoremap <silent><buffer><expr> *
     \ defx#do_action('toggle_select_all')
      nnoremap <silent><buffer><expr> j
     \ line('.') == line('$') ? 'gg' : 'j'
      nnoremap <silent><buffer><expr> k
     \ line('.') == 1 ? 'G' : 'k'
      nnoremap <silent><buffer><expr> <C-l>
     \ defx#do_action('redraw')
      nnoremap <silent><buffer><expr> <C-g>
     \ defx#do_action('print')
      nnoremap <silent><buffer><expr> cd
     \ defx#do_action('change_vim_cwd')
    endfunction

" defx Config: end -------------------

これで、Vimfilerのように動作する。

起動時に立ち上げたいなら、

autocmd VimEnter * execute 'Defx'

init.vimのコメント( " )を外す(削除する)。これで、1度は起動時に立ち上がっている。

※ 何度か繰り返すときは、:Defxで起動する。

DeniteとDefxを用途によって使い分ける。Dark Power Toolsがまた一段と力を増している。

Defxが真の力を発揮したとき、そのときは記事を新しく書いてまとめたい。

それこそが、闇の力。ダークパワー。進化は止まらない。

[Twitter]

[変更点]

2018/08/19

・Defxの使い方を/doc/defx.txtから読み取れた
・Twitterで会話したのを記録した
・環境を追加した
・vimfilerとショートコマンダーにリンクを貼った
・不要な文に停止線を貼った
・文章を編集・更新・削除した
・指摘があったので、訂正しました。

Copyright © 2007-2018 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.