環境構築・改

環境構築の基礎をさらに改変していく事例

defxでiconを使ってみる。

github.com

f:id:emerald00:20181123132337p:plain

defx_icon

環境

mac mojave

neovim-qt

deinでtomlを使う→ :call dein#update() 、 自動インストール設定してあれば不要

[[plugins]]
repo = 'kristijanhusak/defx-icons'

Unicodeの絵文字一覧

※ このサイトから絵文字を貼り付けて、

init.vimにはこう書いてみる

let g:defx_icons_enable_syntax_highlight = 1
let g:defx_icons_column_length = 2
let g:defx_icons_directory_icon = '♦️'
let g:defx_icons_mark_icon = '*'
let g:defx_icons_parent_icon = '♦️'
let g:defx_icons_default_icon = '♦️'
let g:defx_icons_directory_symlink_icon = '♦️'

将来予想(予定は未定であって決定ではない)

let g:defx#custom#column = '👍'

Neovimなどでdefxを起動

:Defx -columns=icons:filename:type

グループ名に不正な文字があります→enter

サポートされていないので、こうなるんだろうな...

表示可

♦️
☃
▪️
♣️
♠️
♟    など

表示不可

✈️ 
📕
📂
📂
🌲 など

追記

話題になっていて、メールが回ってきた午前中はできなかったが、いろいろ試していたことにより、絵文字でも、表示できるものとできないものがあることを見つけた。絵文字に関しては、入力補完でもプラ銀があるくらい、Vimでは表示することは一般的のようだ。面白いんじゃないか。。環境の絵文字に関する設定によっては、表示できるらしい。とりあえず、絵文字に関して、共通の絵文字は表示できることがわかりましたよ。

今後、どのような仕様になるのか、注目のdefx。進化に期待。

Fork先

github.com

toml記述 (ポーカーデザイン、※Rubyだけ)

[[plugins]]
repo = 'takkii/defx-icons'
rev  = 'pararel'

f:id:emerald00:20181123173029p:plain

github.com

vim-comに :DefxF コマンドを追加しました。

Defxをアイコン表示するコマンドを短縮します。

以上です、再会は次の記事にでも。

Copyright © 2007-2018 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.