環境構築・零

環境構築のその先へ

deopleteで自作の辞書を追加するには

takkii.hatenablog.com

前回、dictionaryオプションを追加するといい話がでていました。

その話を踏まえて、今回は辞書を追加します。

github.com

私のGitHubレポジトリは見ましたか?

あんな風に動作します。辞書は[D]と表示されます。

github.com

629行目~650行目

追加方法が書かれています。

     " Examples:
        " Sample configuration for dictionary source with multiple
        " dictionary files.
        setlocal dictionary+=/usr/share/dict/words
        setlocal dictionary+=/usr/share/dict/american-english
        " Remove this if you'd like to use fuzzy search
        call deoplete#custom#source(
        \ 'dictionary', 'matchers', ['matcher_head'])
        " If dictionary is already sorted, no need to sort it again.
        call deoplete#custom#source(
        \ 'dictionary', 'sorters', [])
        " Do not complete too short words
        call deoplete#custom#source(
        \ 'dictionary', 'min_pattern_length', 4)

この内容で辞書を読ませるようにすれば読みます。

複数の入力補完辞書、設定例

setlocal dictionary+=辞書があるところファイル名まで

※ わからないときは、私のレポジトリを再度見るとわかると想います。

あいまいな検索をする場合はこれを削除します

 call deoplete#custom#source(
        \ 'dictionary', 'matchers', ['matcher_head'])

補完リスト上で、既に並べている場合は、再度並び替えする必要はありません。

     call deoplete#custom#source(
        \ 'dictionary', 'sorters', [])

あまりにも短い単語数で完了しないでください

     call deoplete#custom#source(
        \ 'dictionary', 'min_pattern_length', 4)

直訳で書いてみました。

入力補完の細かいところを、辞書で補うのもありですね。

Copyright © 2007-2019 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.