環境構築・零

環境構築のその先へ

こうするとspacemacsでも動く例

Vimでdein、ruby-dictionary3を使っていると前提。

プラ銀は、totolotかruby-dictionary3。

github.com

.emacs.d/elispへ設置

auto-complete-config.el

auto-complete-pkg.el

auto-complete.el

dictフォルダ

(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/elisp")
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/elisp/dict")

(require 'auto-complete-config)
(add-to-list 'ac-dictionary-directories "~/.vim/repos/github.com/ユーザ名(例:takkii)/ruby-dictionary3/autoload/source/")
(ac-config-default)
(setq ac-use-menu-map t)

(ユーザ名を自分のアカウントに置き換えて)これで動作する。入力補完辞書の使い方

余談

あまり詳しくないけれど、package installでauto-completeを入れてもautocomplete-configがないというので、外部ロードフォルダを追加しました。依存系を壊すわけではないので、問題ないと思います。入力補完辞書は、過去にも話しましたが環境が違っても動作しますね。

Copyright © 2007-2019 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.