環境構築・零

環境構築のその先へ

vimconf2019の登壇者に選ばれず自粛していました。

Neovimビルド後、

Tabnineと漆黒の翼をdeopleteで使っている例

f:id:emerald00:20190821151142p:plain
deopleteとTabnine

visual studio 2019
cmake 3.15.2

cmake-3.15.2-win64-x64.msiをダウンロード&インストール。

Download | CMake

git clone https://github.com/neovim/neovim.git
cd neovim
mkdir .deps
cd .deps
cmake -G "Visual Studio 16 2019" ..\third-party -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release
cmake --build .

cd ..
mkdir build
cd build
cmake -G "Visual Studio 16 2019" ..\ -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\Common7\IDE\devenv.exe" nvim.sln

visualstudio2019側でReleaseとしてビルドする。

※ プロジェクト / ソリューション上でビルドを実行、

Permission Errorが出るときは管理者権限を付ける。

could-not-find-any-instance-of-visual-studioはC++がインストールされていないためです。

stackoverflow.com

起動時のメッセージ箇所にshareフォルダを解凍して配置

github.com

または、

C:\Program Files (x86)\nvim\share\nvim\runtime を作成します。

クローンしたNeovimフォルダ内 (neovim/runtime)

runtimeフォルダの中身を作成先にすべてコピーアンドペースト。

dein.toml

[[plugins]]
repo = 'tbodt/deoplete-tabnine'
build = 'powershell.exe .\install.ps1'
on_ft = 'ruby,go,perl,python'
on_event = ['InsertEnter']
depends = ['deoplete.nvim']

コード内

TabNine::sem

TabNine::config

直接書く

semで動作します。
configでブラウザが開きます。

これでTabnineがしっかり動きます。

Vim側で機械学習と深層学習を手にしましょう。

PowerShellでビルドできない理由

PowerShellでスクリプトを実行するとセキュリティエラーになるときの対策 – 山本隆の開発日誌

雑談

私はVimに寄付してきたし、VimのTシャツを買ってきているほどVimを愛していました。Vimconf2019で登壇することを挑戦だと想っていたし、Vimの話題をブログに書いたり、プラギン開発が自分のためだけではないことを知っていました。しかし、rejectされたときに、私は活動のすべてを全否定されたように想いました。チケットなどもらってもうれしくはないし、それよりかサンクコストから逃れるために自分にかけていた条件、先のみえないものに投資することを諦めようと想いました。やはり何者にはなれないという現実。挑戦は単なる宣伝だったのかと、少し残念です。またいつか、Vimに関して現実が受け入れられるようになったらTwitterのプロフィールにでも書くかな。Vimアドベントカレンダーに投稿するのも控えます。Vimのコミュニティとは短い期間でしたが、ありがとうございました。お世話になりました。

設定ファイルまとめ

github.com

起動時にメッセージがでることがあります。

the neovim process has crashed

neovim\.deps\usr\bin内

lua51.dll
msgpackc.dll
uv.dll

3点をneovim/build/binに移動すると解決します。

ISSUEには書かれていないので、試してみましょう。

Copyright © 2007-2019 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.