環境構築・零

環境構築のその先へ

Feedjiraの最新に対応するには。

stackoverflow.com

github.com

Feedjira / GitHub

# これが必要
require 'httparty'

# 参考 3.0.0 始まり
url = "https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/feed/v1.0/summary/significant_week.atom"
xml = HTTParty.get(url).body
Feedjira.parse(xml).entries.each do |entry|
# 参考 3.0.0 終わり

  puts "Elevation: #{entry.elevation}"
end

そのままだとこれが流れる。

uninitialized constant HTTParty

Feedjira 2.2.0まで記事用に修正。

# 参考 2.2.0 始まり
@rss = Feedjira::Feed.fetch_and_parse('https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/feed/v1.0/summary/significant_week.atom')
@rss.entries.collect do |entry|
# 参考 2.2.0 終わり

  puts "Elevation: #{entry.elevation}"
end

3.0.0に対応するために実行

gem install feedjira
gem install httparty


bundle install

Gemfile内

gem "httparty"
gem "feedjira"

# 一時避難
# gem "feedjira","2.2.0"

Feedjiraの最新(3.0.0、現時点)に対応するときhttpartyをgemから入れてリクワイヤする必要があります。あとは、サイトの使用例通りに動作します。もともとFeedjiraを使ったサイトを作っていたので対応はそれほど苦難ではありませんでした。この記事は、これからFeedjiraを使う人が考慮する箇所をRubyで書いています。参考にして、ATOM形式のRSSを読み込み、サイトに反映しましょう。きっと、標準のRSSに戻らなくても対応できるでしょう。

Copyright © 2007-2020 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.