環境構築・零

環境構築のその先へ

ブランチをわけてロードパスを指定していました。

import os
import re
import traceback
from os.path import expanduser

home = expanduser("~")

dire = open(os.path.expanduser("~/.config/nvim/.cache/dein/repos/github.com/takkii/ruby-dictionary3/autoload/source/ruby_method_deoplete"))

print(os.path.exists(dire))

#contents = dire.read()
#print(contents)

ロードパスを自動化する際のメモ。読み込むまでの様子を確認する必要があります。上記の内容で読み込みがTrueかFalseか判別することもできました。コメントアウトしたのは読み込んだ内容が表示されるかどうかです。それもクリアしています。printデバッグですね。

コードに問題がなく、

SyntaxError: EOL while scanning string literal

このようなメッセージが流れるときは、

保存しているファイル形式やエンコーディングなどを疑いましょう。

これはコード側ではありません。

! そして見つけます、""クオートが余計に紛れているなどのシンタックス異常に。

Deopleteに関して、プラグインを書くことはそれほど難易度は高くないと思います。

リスト型で値を返せば、読み込んでくれます。

要するに途中経過は何でもできるということです。

いつかやるといった記事を書きました。

次はまた、内容ができたら更新します。

Copyright © 2007-2019 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.