環境構築・零

環境構築のその先へ

新版、WindowsでNeovimビルド。

takkii.hatenablog.com

環境

Windows10
Powershell
cmake
git clone https://github.com/neovim/neovim.git
cd neovim
mkdir .deps
cd .deps
cmake -G "Visual Studio 16 2019" ..\third-party -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release
cmake --build .

cd ..
mkdir build
cd build
cmake -G "Visual Studio 16 2019" ..\ -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\Common7\IDE\devenv.exe" nvim.sln

visualstudio2019側でReleaseとしてビルドする。

※ プロジェクト / ソリューション上でビルドを実行、

2回ビルドを実行する、管理者権限はいらないはず。
2度目で、nvim.exeがビルドされるので、これでneovim-qtが起動できるようになる。

※ その他はリンク先に書いてあります。

新版では、Luaの環境作りが必要です。

http://luarocks.github.io/luarocks/releases/

luarocks-3.3.1-win32.zip ( legacy Windows package, includes Lua 5.1 )

ダウンロードします。

Mingw 32bitの環境を作ります

MinGW - Minimalist GNU for Windows - Browse /Installer at SourceForge.net

ダウンロード

mingw-get-setup.exe

インストーラGUI)からinstall

mingw-developer-toolkit
mingw32-base
mingw32-gcc-g++ 
msys-base
mingw32-libz (dev)

PATHを環境変数に追加

C:\MinGW\bin
C:\MinGW\msys\1.0\bin

PATHを環境変数に追加

luarocks-3.3.1-win32.zip 解凍先( 例 ) C:\Users\takkii\luarocks-3.3.1-win32\win32\lua5.1\bin
luarocks-3.3.1-win32.zip 解凍先( 例 ) C:\Users\takkii\luarocks-3.3.1-win32\win32\lua5.1\lib
C:\Program Files (x86)\LuaRocks

luarocks-3.3.1-win32/install.bat を実行します。

cd luarocks-3.3.1-win32.zip 解凍先( 例 ) C:\Users\takkii\luarocks-3.3.1-win32

.\install.bat

※ すでにLuaがPATHに通っているときはLuaのPATHを削除してください。

 ∟ 古いLuarocksが生成されてしまう原因になります。

インストールします

luarocks install lpeg
luarocks install mpack
luarocks install luabitop

インストール後

luarocks-3.3.1-win32.zip 解凍先( 例 ) C:\Users\takkii\luarocks-3.3.1-win32\win32\lua5.1\lib\lua\5.1

bit.dll
lpeg.dll
mpack.dll

コピーします

luarocks-3.3.1-win32.zip 解凍先( 例 ) C:\Users\takkii\luarocks-3.3.1-win32\win32\lua5.1\bin

これでcmakeでビルドエラーを起こす、

cmake -G "Visual Studio 16 2019" ..\ -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release

部分を通りすぎていきます。あとは流れ通りです。

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Community\Common7\IDE\devenv.exe" nvim.sln

Visual Studio 2019が起動しないとき、

(GitHubからクローンした場所)\neovim\build\nvim.sln

Visual Studio 2019で上記ソリューションを開いて、
Release、x64で一番上のソリューションを選択、
すべてのプロジェクトをビルドします。

PermissionErrorがでるときは、管理者でビルドします。1~2回ビルドして様子見ます。

github.com

Neovim-qtを無事起動できたとき、

C:\Program Files (x86)\nvim\share\nvim\runtime\syntax

PATHが見当たらないよとメッセージが流れたら、

上記リンクから、nvim-win64.zipを解凍、

まずC:\Program Files (x86)\nvimフォルダを作成、

解凍したフォルダ/shareフォルダを

C:\Program Files (x86)\nvimに移動します。

設置し起動しなおすとメッセージが消えます。

※ いくつか方法がありますが、シンプルな手順を残します。

WindowsでNeovimビルドしてみませんか

mingw32環境がもしmsys2(64bit)で同じことをしてもビルドできません。あとビルド後にdllファイルがなくてクラッシュするならば、記事最初のリンクをみれば対処が書かれています。わかってしまえば簡単なことですが、わかるまでに時間がかかりました。再現性を確保するためにもう1度同じ事をしてみました。NeovimをWindowsで使うことにメリットは多いです。マシンスペックにもよりますが、ビルドには時間がかかります。珈琲などを飲みながら終わるのを待つことも作業効率をあげるために必要です。記事が今後の参考になれば幸いです。

Copyright © 2007-2020 Takayuki Kamiyama. All Rights Reserved.